バナー

構造によるリフォームの違い

住宅改修では一般的な工法やスケルトンから行うことも可能ですし、構造体の改修まで含むフルリフォームを行うことが可能ですが、構造によって選択できる工法が異なるため専門業者に依頼することがポイントになってきます。

木造住宅の場合には構造体を自由に変更できるため、間取りの変更を伴うリフォームでも柔軟に対応できるメリットがあります。
木造では柱や梁が強度を保つために重要な部分ですが、構造的に問題がなければ位置や部材の大きさも自由に変更できるのです。建物には木造以外にも種類がありますが、鉄骨造であれば木造とおなじ感覚で改修工事が行えます。
しかし構造計算が必要になってくるため、費用の面では木造のような経済性を実現できないケースも出てきます。

最近では耐震性能の高い住宅が求められていますが、鉄筋コンクリート造は耐久性と耐震性の高い構造と言えます。構造部材の強度が高いため、そのままでも高い強度と耐震性能を発揮することが可能ですが、鉄筋コンクリート造は柱の位置や形状を変えることができない点で木造とは異なる部分が出てきます。
鉄筋コンクリート造は構造計算によって安全性を確認していますが、柱や耐力壁が変われば構造計算の内容が大きく変わってくるのです。


木造は木材の柔らかさで強度を保っているため、構造部材の接合方法が正しければ多少の変更には柔軟に対応することが可能ですが、鉄筋コンクリートでは対応することができないため、柱の位置や構造を変えるリフォームはできないのです。

住宅を新築するには高額な費用が必要ですから、何度も建て替えることは通常であれば困難だと言えます。
その代わりリフォームを行うことで新しい住環境を手に入れることが可能ですから、建物の寿命の中で定期的に手を加えていくことがポイントになってきます。

住宅は新築時のままでは寿命が短くなってしまうため、定期的にメンテナンスを行うのが基本となります。
メンテナンスには様々な方法がありますが、屋根の塗装や張替えもありますし外壁も同様に手を加えることが可能です。


一般住宅の屋根にはそれほど種類が多くないと言う特徴がありますが、外壁の仕上げ材には様々な種類があります。

金属製のものからモルタル仕上もありますし、最近ではサイディングが多くなっているのが特徴です。


サイディングは施工方法によって異なりますが、目地が設けられている場合があります。

目地は年数の経過とともに痩せてくるため、そのままにしておくと水分が建物内部に侵入してしまいます。

外壁のリフォームでは仕上げ材の種類によって必要な工事内容が異なりますが、悪い部分を直すことで寿命を延ばすことが可能なのです。リフォームでは建物の寿命を延ばすことが最大の目的になりますが、建て替えるよりもはるかに安くできる点がメリットと言えます。


建物の構造や間取りによっても異なりますが、フルリフォームでも新築の半額程度の資金があれば行うことが可能ですから、新築並みの快適さを低価格で実現できるのがリフォームのメリットなのです。

http://smany.jp/951
http://smany.jp/6181
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1268041927

車のコーティング情報がリニューアルしました。

最近気になった建設業の熱中症対策の情報はこちらです。

横浜のスケルトンリフォーム情報を参考にしましょう。

神奈川のフロアコーティングの有益な情報をお届けします。

東京のフロアコーティング情報を調べられるこのサイトはオススメです。